ISO45001:2018

労働安全衛生マネジメントシステム

ISO45001:2018

労働安全衛生マネジメントシステム

ISO45001:2018は、労働安全衛生マネジメントシステムとして、2018年に初めて発行されました。内容はISO14001によく似た内容で、世界の国々に導入されています。

概要

ISO45001:2018は、労働安全衛生マネジメントシステムとして、2018年に初めて発行されました。内容はISO14001によく似た内容で、世界の国々に導入されています。

従業員や利害関係者の安全、衛生、健康面の保護を目的としたこの規格は、まさに組織が事業を行う上で必要不可欠なものです。特にこの規格をいち早く採用した欧州の国々では、労働災害が半減したとの報告もあります。

わが国は労災の原因を「個人の不注意」として簡単に片付けてしまいますが、マネジメントシステムがあるかないかでその後の事故率は確実に低減できることが証明されています。

幣審査機関でのこのシステムに対する審査ポリシ-は

労働安全の危害分析が適切に行われているか
項目1に関する低減策が適切な内容か
目標に対する実績が上がっているか
実際の現場でどのように管理されているか
専門性を有した審査員指名
などです。

ISOの認証取得は豊富な審査実績のある当社にご相談ください。

建設、メーカー、サービス等、多様な業種の審査を経験。ISO規格の要求事項に適合し、かつ企業の個別の実情に合った審査をリーズナブルな料金で実施します。
経営に本当に役立つマネジメントシステム構築を支援しています。